女性の働き方改革 男女差のない社会をつくろう

女性の社会進出を進めるために

日本は今後、労働力不足になることが懸念されている。それにより、国全体としての活力が落ちていくということが大きな問題だ。そこで課題となっているのが、いかに女性の社会進出を進めて労働力を確保していくかという点である。

そんな世の中を実現するためには、女性が働きやすい社会の体制を作っていかなければならない。現在、働く女性は増加傾向にあるが、子育てをしている方が両立をするのはなかなか至難の業であり、働くことを諦めてしまう人も多い。

せっかく高い能力を持っていてもそれを活かすことが出来ないことは、女性個人としても社会全体としても大きな損失となる。こうした問題を解決していかなければ国の活力を保っていくことは難しいだろう。

こうした問題の原因としてまず言えるのが、日本で女性が子育てをして家庭を守るべきという意識が根強くあることだ。

女性が働こうとすると、家事や育児と仕事を両立させていくことが必要となる。仕事だけをしていた状態から家事や育児がプラスされるとなると大きな負担となり、仕事を控えたりやめたりせざるを得ない状況が発生してしまう。子供を預けて働きたくても預け先が無いという問題もある。

このように、人の意識や子育て環境の整備に問題があるということが女性の社会進出を妨げてしまっていると言えるだろう。より良い社会を作るためには、こうしたことを一つ一つ具体的に解決していき、また人の意識を変えていくための教育などをしっかり行っていくことが大事だろう。